バスなびニュース
バスなびニュース

小型バスとマイクロバスの違いはここ!

2022年05月10日

小型バスとマイクロバスの違いについてご説明いたします。

大型バス、中型バスの次に多く人数が乗れる貸切バスは小型バスとマイクロバスどちらでしょうか。

正解はマイクロバスです。

各バスの乗車人数
小型バス…21名乗り
マイクロバス…23名乗り
※標準乗車人数を掲載しております。

小型バスとマイクロバスには車両の見た目や料金など違いがたくさんあります。

小型バスは観光バスのデザイン仕様、
マイクロバスは駅からホテルまでの送迎バスとしてよく使われているものになります。
料金は小型バスよりマイクロバスの方が安く利用できます。
VIPを乗せて数名で視察利用されたお客様の中には、観光バス仕様の方が高級感があるのでマイクロバスではなく小型バスをご利用される方もいらっしゃます。

バスなびだけの補償をご紹介

小型バスとマイクロバスどちらにしようか悩まれる方必見!
おすすめポイントをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

小型バスのおすすめポイント
①長距離移動する方
小型バスは観光バス仕様になっているため椅子がフカフカです。
ゆったりとした座席で長時間利用でも疲れにくいです。

②荷物が多い方
荷物が多くても小型バスにはトランクがあるため安心です。
ゴルフ利用の場合にもキャディーバッグが約8個分ほど積込み可能です。

③車内でDVD鑑賞を希望している方
小型バスはDVDの再生が可能です。
小さなお子様が退屈しないように移動中にアニメ鑑賞をしてみるのはいかがでしょう。
DVDについては著作権の問題があり、バス会社が所有しているもの又は自作のDVDは再生可能です。
バス会社の所有するDVDには数に限りがございます。
DVD利用希望の方はバスなびの担当にお早めにお伝えください。

バスなびだけの補償をご紹介

マイクロバスのおすすめポイント
①短距離移動する方
椅子のクッションが固めなので長時間利用には向きません。
小型バスより乗車人数は多いため、婚礼利用で駅から式場までの送迎や点々と各場所を回る視察研修の利用にも最適です。

②荷物が少ない方
マイクロバスにはトランクが無いですが、手荷物程度の荷物であればマイクロバスがおすすめです。

③料金を安く抑えたい方
貸切バスの中で一番安く利用できるのはマイクロバスです。
23名乗車できるためイベント送迎などに最適な大きさではないでしょうか。

バスなびだけの補償をご紹介

小型バスは10年以上前に製造を中止しています。
年々老朽化が進み小型バスの数が減ってきているそうです。
ですが、バスなびでは全国のバス会社さんと提携しているため小型バスを手配できます。
ご利用の際はお気軽にお問い合わせくださいね。

バスなびだけの補償をご紹介

記事一覧