新型コロナウィルスへの対策について

◆バスの換気について

バスなびの専属貸切バスは、常時「外気導入モード」を使って空気を入れ替えながら運行しています。

「外気導入モード」は車内の空気を排気することで、大型バスでは約5分で新鮮な空気への入替えが完了し、
「密閉」状態になるのを防止します。

大型バスの換気実験

◆バスなびでは以下の対策を行っている貸切バスを手配しています

  • 運行前、運行後のバス車内の除菌、消毒、並びに消毒液等の設置
  • 乗務員・添乗員のマスク、手袋の着用、うがいや手洗いの励行
  • 運行前、および運行後の乗務員・添乗員の健康状態の確認および把握
  • 運転席と客席エリアに透明な仕切りを設置
  • 窓を少々(10cm程度)開け、換気を行いながらの走行
消毒液完備
運行前後の消毒
運転席の後ろに透明な仕切りを設置!
窓を開けて走行

◆貸切バスのメリット

  • 運行前に除菌、消毒を行い、電車やタクシーのように不特定多数が利用するようなことはないので安心
  • 空席を作ることでソーシャルディスタンスを確保できる
  • 乗車している人以外との接触を避けられる

バスなびは安心してご利用いただける
貸切バスをご提供します